語り部育成募集は終了しました

中国残留邦人等(※)が高齢化する中、先の大戦の記憶を次世代へ継承する重要性が高まっています。  そこで、センターでは、中国残留邦人等の体験と労苦を受け継ぎ、その伝承者となる、戦後世代の「語り部」を育成するための事業(以下、「語り部育成事業」)を平成28年度に始めました。平成29年度の研修受講者(第2期生)を募集しますので、希望者は、別紙の応募用紙に必要事項を記入し、応募方法に定める必要書類とともに、センターまでご応募ください。  研修内容は中国と樺太両方の残留邦人に関する講義・体験と労苦の聞き取り・語り部講話演習等で、研修修了後には、中国残留邦人等の語り部として活動していただくことになります。
(※)「中国残留邦人等」とは「中国残留邦人」と「樺太残留邦人」の総称です。


研修概要 平成29年10月以降、月1〜2回程度研修(土曜を予定)を実施します。
●1年目:当時の体験の聞き取り、語り部としての基礎知識等の習得
●2〜3年目:話法技術等の習得、語り部講話演習、実習によるスキルアップ
◎育成修了後は、センターから委嘱を受け、語り部として講話活動等をしていただきます。
募集対象 ●戦後生まれの方で戦中・戦後の記憶を次の世代に伝える意欲がある方
●自費でセンターに通所できる方(研修に係る交通費等は自己負担となります。)
応募方法 ●応募用紙に必要事項を記入の上、小論文(1600字程度)を添付し、
郵送、又は、Eメールでお申し込みください。
●小論文テーマ:「中国残留邦人等に関心を持ったきっかけと継承への思い」
●応募用紙は以下のリンクからからダウンロードできます。   
応募用紙 PDF版(97kb)   
応募用紙 word版(28kb)
応募期限 平成29年8月5日(土)必着
選考方法 ●応募用紙及び小論文による書面審査と面接により選考します。
募集要項 募集要項 PDF版(100kb)
問い合わせ先 中国帰国者支援・交流センター  企画課 
語り部事業担当(小川・馬場)  
〒110-0015 東京都台東区東上野1-2-13 カーニープレイス新御徒町7F  
電話:03-5807-3171 FAX:03-5807-3174 Eメール:kikaku@sien-center.or.jp

自立研修事業
中国帰国者支援交流センター