日本語学習/通学課程:中国・四国センター
通学課程  時間割  応募方法  学習報告


受講申し込み方法
1. 受講したいコースを選ぶ。
2. 時間割を確認し、通学可能かどうか確認する。
3. 同封の「受講申込書」に記入する。
4. 中国帰国者であることを証明する書類を準備する。⇒詳しくは次ページ
5. BとCを下記センターへ送付する
  受講申し込み書類は自由にコピーして使用してください。また、募集要項が必要な場合は、連絡があれば送ります。

提出書類について
既にセンターで勉強している人
1.「申込書

センターに通所したことのない人
1.「申込書
2.学習経歴表
3.家族構成表
4.帰国者やその家族であることを証明する書類
例:「自立支度金支給決定通知書」 「引揚証明書」 「永住帰国証明書」 等のうち、 一部の写し
5.現在の身分を証明する書類
例:「戸籍謄本」 「戸籍抄本」 「住民票」 「在留カード」(裏表両面) 「運転免許証」 「健康保険証」 「本人確認証」 等のうち、一部の写し


書類がどうしても揃わない場合は、センターに 相談してください。



★ 氏名が書類によって異なる場合
既に就籍済み等の理由で、それぞれの書類に記載の 氏名が異なる場合、中国名と日本名の両方が記載され ている「就籍審判書」の写しも添付する。但し、「在留カ ード」に中国名と日本名の両方が記載されている場合 はこの写しでよい。この書類が揃わない場合は、中国 名と日本名が同一人であることの「誓約書」がこれに代 わる。「誓約書」の書式は特に定めないが、中国名と日 本名が同一人であることに相違ないという趣旨の誓約 文と、本人住所、氏名、捺印のあるもの。

★帰国者本人との関係証明書類が揃わない場合
中国帰国者の家族であることを証明する書類がどう しても揃わない場合は、残留邦人本人との続柄を証明 する「関係者の証明」がこれに代わる。「関係者」とは、 帰国時の身元保証人(家族、第三者)等のこと。「関係者 の証明」の書式は特に定めないが、申込者が帰国者であ ることを証明する趣旨の文と、証明者の住所、氏名、 電話、捺印のあるもの。

※「誓約書」「関係者の証明」を提出する場合は、申込者本人の「在留カード」または、「戸籍抄(謄)本」のコピーを添付してください。
※申込書類は自由にコピーして使用してください。 また、募集要項が必要な場合は、連絡があれば送り ます。

応募締め切り
2017年9月3日(日)


*ご不明な点は下記募集係までお問い合わせください。(中国語可)

[ 応募書類送付先 ]
【中国・四国センター】
〒732-0816
広島市南区比治山本町12-2 広島県社会福祉協議会 [ 周辺地図 ]
中国帰国者支援・交流センター
電話: (082)250-0210
FAX: (082)254-2464
Mail:chushikoku-center@festa.ocn.ne.jp


自立研修事業
中国帰国者支援交流センター